最高品質の医療事業を通して世界の人々の健康をサポート

Name: 飯田 直樹

Age: 27

Company: BLEZ ASIA Co.,Ltd.

Post: CEO

College: 法政大学

Language: 日本語、タイ語、英語

最高品質の医療事業を通して世界の人々の健康をサポート

1988年生まれ。神奈川県出身。 大学在学中にインターネットシステムの営業代行会社を設立する。卒業間近に知人の起業家から薬の輸入代行業の話しを持ちかけられ、仕入先としてタイを選び2011年の3月に単身来タイ。2012年1月にBLEZ ASIA Co.,Ltd.を設立し、タイ人の薬剤師を雇い日本人観光客が多いバンコクのアソーク地区でブレズ薬局を開業した。現在は直営店として2店舗経営している。

–なぜ大学在学中から起業しようと考えたのですか?

就職活動は周りの人たちと同じようにしていました。3年生の終わりにいくつかの企業から内定をいただいていたのですが、「大学を卒業し、普通に会社に入って働く。自分の将来はこれで本当にいいのか。これでなりたい自分になれるのか」。と悩んでいました。その時期に起業家の社長さんたちのお話しを聞く機会があり、直接悩みをぶつけたところ「じゃあ、なぜ、君は自分でやらないのか。今すぐやらない理由はないよね」と言われ、「やってみよう」という気持ちになったのが、そもそものきっかけです。
そして大学4年生のときに営業代行業の事業を自分で起こし、ビジネスに感心を持つようになりました。

 

–経営者として大切にしていることは何ですか?

自分の中で大切にしているキーワードが三つあります。それは、「誠実であるか」、「感謝しているか」、「挑戦しているか」です。

 

–今後のビジョンを教えてください。

「最高品質の医療事業を通して世界中の人々の健康をサポートします」という経営理念でもあるように、今後はブレズのビジョンをもっと世界に発信していきたいです。個人としても、サービスを必要としている人にサービスを提供するということを意識し、これからも発信者であり続けたいですね。

 

–人材の採用の部分でお聞きしたいのですが、どういった人と一緒に働きたいですか?また採用基準などはあるのですか?

自分の理念に共感してくれる人と事業を一緒に作っていきたいですね。当たり前のことですが、嘘をつかない人かどうか、発言と行動が一緒かどうかなどを見ています。ただ、面接だけではわからないので、まずはやる気がある人は採用して働いてもらっています。

 

–最後に若い世代に一言メッセージをお願いします。

皆さんもよく言っていると思うのですが、「世界に出よう」ということです。私は23歳のときにタイにはじめて来ました。日本の常識がいかに世界の非常識なのかということを実感しました。将来の日本のため、自分のために若いうちから世界に出るべきだと思います。

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks